不動産 **ファイターズ08・09年シーズン | Let it be

稲田直人選手 横浜へ移籍

2009.11.26 Thursday

0
     

    〔2009年2月7日撮影〕

    今年、9月20日に京セラドームで見た、オリックス−ハムの試合の観戦記を、
    ちゃんと書いてなかったけれど、

    稲田君の移籍を知って、真っ先に思い出した。

    2−7で負けた試合だったけれど、途中、
    代打で登場して、2−2となる同点タイムリーツーベースを打ったんですね。

    そのとき、ファイターズ公式サイトに出ていたコメント。

    「久しぶりに野球が出来てうれしかったです。」

    シーズン中の代打成績が、25打数10安打で、打率4割。
    自己分析・超冷静 な 稲田君が、
    ものすごく集中して、一打席一打席、大切にのぞんだ結果なんだと思う。

    このコメント、知った当初は、癒されるな……なんて思ったけれど。

    これだけ、結果を出せたのなら、
    もっと試合に出ないと、もったいないよなあ、とも、
    感じました。

    セカンド・賢介、ショート・金子さん、サード・小谷野君、ファースト・信二、
    とレギュラーが、がっちりと固まっていた、09年シーズン。
    誰かに、もしものことがあっても、稲田君のような選手がいると、
    ハムとしては助かるし、厚みがあって、良かった。

    でも、野球人生を長いスパンで考えると、稲田君にとっては、
    チャンスが広がる、いい機会になるのかも。



    ファンにも、チームメートにも、愛されたキャラクターだったし、
    本当に、いいムードメーカーで、ハムからいなくなるのは、さびしい限りです。



    「いつも準備がしっかりできている」

    そんな安心感のある存在でした。

    〔2007年キャンプ〕

    自分が振ったバットを後頭部に当てたところ……





    スプレーがうまく、かかってなくて、手がすべってしまった、とのこと。

    ファンのつどいで、直接、聞いたのが懐かしく思い出されます。
    もう、ハムのキャンプ地で、見られないんですね。

    ちょっと、信じられない感じもします。



    横浜ではセカンドのレギュラー獲るくらいの勢いで、
    ガンガン活躍してほしいです。

    函館からの葉書

    2009.11.16 Monday

    0
      091112_1906~01.jpg
      今年の8月のある日、仕事用鞄の内ポケットから、御守りが出てきました。

      6年前に函館護国神社で買った「夢叶う守り」です。
      その存在を、すっかり忘れていたけれど、確か「ファイターズが優勝しますように!」という気持ちで、鞄に入れていたはず……

      2006年に日本一になって、その夢は叶いました。

      石の上にも3年、叶うまで3年。
      叶ってからも3年、放置してましたが。いくら何でも、長い期間、持ちすぎです。

      私の亡くなった祖父が、地元の小さな神社の神主をしていて、
      御守りは、悪いものを、代わりに吸いとってくれるため、
      一年たったら返納するものだ、と言っていたのを思い出しました。

      気付いてすぐ、「夢が叶いました。ありがとうございました」という内容の手紙を添えて、郵便で御守りを神社に送りました。
      そうしたら、わざわざ函館から葉書が届いたのです。

      毛筆の文章で、丁寧にしたためられていました。

      「御守り、8月13日に届きました。夢が叶ったとのことで、何よりです。遠方から、ありがとうございました」
      サービス業の鑑のような、神社の対応です。

      函館へは、あれ以来、行ってませんが、神社を訪れた時の空の色や、坂道を上がった感覚、忘れていた、いろんなことが、
      一枚の葉書から、思い起こされました。

      函館へ行く機会があれば、神社へ参拝して、また御守りを買おうと思います。


      2009年シーズン終了

      2009.11.08 Sunday

      0

        日本シリーズが終わり、ファイターズの今シーズンが終了。

        日本一には届かなかったけれど、リーグ優勝と、
        楽天とのクライマックスシリーズを制した戦いぶり、すごかったです。
        今年1年、お疲れさまでした。

        特に後半戦は、先発投手の柱のダル君を欠き、
        アクシデント絡みの連敗もあって、危機もあったけれど、
        チーム全体で乗り切ってきましたよね。



        生観戦していて、今季のファイターズの野球は、
        エキサイティングで楽しかったです。



        「行けるところまで行く」とシーズン前に宣言していた、金子誠さん。
        日本シリーズで元気だったら……流れも少し違っていたのかも、
        と思うと、残念ですね。

        ショート&打線の9番に金子さんがいてこそ、
        の今年のチームだったと思います。



        ゆっくり休んで、来年に備えてほしいですね。

        笑顔の行方

        2009.11.07 Saturday

        0
          日本シリーズ第5戦、
          信二の勝ち越しホームランが出たときは、勝てると思ったんですが。



          武田久投手が、今年はじめて敗戦投手となった。
          報道が出るまでは、知らなかったです。

          シーズンで、1本しかホームランを打たれていない。

          という事実を。

          その打たれた1本を、8月11日の東京ドームのオリックス戦で、生で見ました。

          2−1と1点リードの9回表。

          最初に代打で小瀬選手が出てきて、
          初球をヒットにされました。(亀井選手のホームランも初球でしたね)

          1アウト後、ローズ選手に逆転のツーランホームランを打たれて、2−3に。
          (阿部選手のホームランも、1アウト後でしたね)

          打たれた直後、菊地君に交代しました。

          このときの東京ドームは、ファイターズのホームゲームだったので、
          その裏に小谷野君の同点ホームランが出て、久さんの負けはなくなります。

          ビジターゲームでは、サヨナラ負けになりましたね。

          東京ドーム 2−1でリード
          先頭の左打者の初球 左の長距離バッターの一発

          あのときと同じ要素が出てきて、
          終わってみれば、ゲンが悪かったというか、何というか。

          唯一異なるのは、ローズ選手のホームランの直後、
          久さんが交代になったのが8月。

          今回は、同点になった後も、投手交代はなかったこと。



          第6戦、もう一度、久さんにつなぐ展開で勝つことができれば、いいな。



          59戦無敗、これは、すごいとしか言いようのないこと。

          キャンプ中から、クローザーとなるべく、しっかり準備して、のぞんだシーズン。
          申し分のない働き、活躍を見せてくれた久さん。

          笑顔を、もう一度、見たいですよ。



          がんばっていきましょう!



          合格点

          2009.11.03 Tuesday

          0
             

            〔2009年9月20日 京セラドーム 試合前のダルビッシュ投手〕

            とある資格試験を11月1日に受けてました。
            (それでも日本シリーズの1、2戦はテレビで見ましたよ)

            自発的に、というよりは、会社でとらないといけない資格で、
            9月のはじめ頃に教材を買って、勉強を始めました。

            すべて独学だったため、テキストを満遍なく覚える、
            という方法は無理だと思い(単に時間が作れない)

            まずは「○点とれば合格」という合格ラインを確認し、
            問題を解きながら、出題の傾向をつかんで、
            満点ではなく、合格点を取る目標を定めて、勉強しました。

            ちゃんと試験中も、これは確実に正解だな、と、
            わかりながら解いて、確実なものが合格点分そろったので、
            安心して、試験会場を出ました。

            もちろん、全然わからない問題もあったんですけどね。

            ◆◆◆

            日本シリーズ第2戦、身体の調子が悪い中でも、
            抑えて勝利投手になったダル君。

            相手の打線を研究して、シーズン中はあまり投げなかった
            カーブを効果的に使っていた。
            (西武の岸投手が、昨年の日本シリーズでG打線を抑えているのを
            ネットの動画で見て、ひらめいたらしいですね)

            NumberWebの記事、スライダーのキレもすごくて、
            鶴ちゃんが4球もそらしたという(?)記事。

            http://number.bunshun.jp/npb/column/view/4275/page:1


            『ダルビッシュ有の変化球バイブル』P47より
            (この本、買ってから全然読んでなかったわ……)

            今まで見てきたピッチャーのなかで、ダル君の力が
            ズバ抜けているという、鶴ちゃんの証言。

            「特にすごいのは修正能力。どんなに調子が悪くても
            しっかりとゲームメークしますから。たとえば、試合中に
            投球フォームを修正したり、変化球が曲がり過ぎているのを
            あえて曲げないようにしたりですね」


            調子が悪い中でも、いろんな投球パターンをつかえる。

            体調が良くて、140キロ台後半のストレートが投げ込めて、
            ヒットも打たれない状態が「満点」だとすると、

            そこからは程遠いけれど、チームが勝ったという結果は、
            十分「合格点」だった。

            ◆◆◆

            9/20のシーズンの最後の登板を生で見てたんですが、
            あのときの印象をひきずって、

            試合前、大丈夫なのかな〜と心配しました。

            でも胸の内に「勝算」があってこそ、上がったマウンド。

            ダル君の能力の、バリエーションの広さ、
            また違った面を見られて、興味深かったです。