不動産 100207 星の王子さま | Let it be

スポンサーサイト

2019.08.03 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    100207 星の王子さま

    2010.02.07 Sunday

    0
       
      〔オリックス宮古島キャンプ 2010年2月7日 14時
      小瀬浩之選手の遺体を乗せた飛行機を見送る 坂口智隆選手(左)と一輝選手(右)〕

      ■■■

      2月7日、宮古島のキャンプ見学に行きました。

      13時には全体練習が終わって、選手の帰るバスが1台出た頃。
      お見送りしようと待っていても、野手の大半がなかなか出てきません。



      一輝さんを探して、戻ってみると、サブグラウンドで坂口君とランニングをしていました。

      日程を合わせたわけではないけれど、偶然、同じ日に来ていた
      一輝選手ファンの二人と、その光景を眺めていました。

      「今までだったら、坂口君と一緒に走っていたのは、小瀬君だよね」

      と話しながら、改めて、不在である現実を感じました。

      やがて、ランニングを終えて、
      いったん室内練習場に入った一輝さんと坂口君は、また急いで出てきました。

      一輝さんは、ファンの私たちに向かって、おもむろに、こう言いました。

      「もうすぐ(小瀬選手を乗せた)飛行機が出発するので、ここで一緒に見送ってください」

      突然のことで、慌てたけれど、
      私は、何としても、この場面の写真を撮らなければならないと、
      勝手に使命を感じました。

      なぜ、坂口君と一輝さんが、一緒に走っていたのかも合点が行きました。




      空港はすぐ近くです。飛び立つのを待ちます。



      立ち上がる。



      手を合わせて、小瀬君を見送る。それは悲しくて、でも美しい光景でした。



      室内練習場からも、バッティング練習の打球音が消えました。
      他のファンの方から聞きましたが、大引君や、他の残っている選手たちも、
      練習の手を止めて、外に出て、飛行機を見送っていたそうです。



      右上、こんなに遠くなるまで、見えなくなるまで、ずっと見ています。

      私はふと、飛行機から、『星の王子さま』の物語を連想しました。
      そういえば、あの挿絵の王子さまと、
      小瀬君の、穏やかでやさしげな表情が重なります。

      物語の最後、王子さまが不在となった砂漠のことを
      「悲しくも美しい風景」と主人公は語ります。

      小瀬君が不在となった宮古島のグラウンドや球場は、
      残された選手の皆さんにとって、同じように映っていたのでしょうか……



      午前中、時折、雨がぱらついて、ずっと曇り空でしたが、
      飛行機が飛び立った後、この日、初めて青空が顔を出しました。

      旅立った小瀬君から、
      ”元気を出せ”と言われているような感じがしました。

      明日も、ここで野球があります。

      飛行機を見送った、選手たちの気持ち、
      その中身はそれぞれだと思います。
      何かを固く誓ったものと、想像しています。

      私は、坂口君と一輝さんの姿を見て、胸に迫るものがありました。
      その姿を忘れないように、ここに書き記しておきます。








      スポンサーサイト

      2019.08.03 Saturday

      0
        コメント
        ありがとう
        • by 
        • 2010/02/08 11:03 PM
        とても悲しく、とても美しい光景を
        その場にいる事が出来なかった自分にも共有させて下さった事に感謝します。
        ありがとう。
        • by 
        • 2010/02/09 12:46 AM
        こんばんわ。
        先ほどテレビ東京系のスポーツニュースで、球場でのお別れ会の様子は見ましたが、それぞれが飛行機にお別れをしていたのは知らなかったです。

        美しい光景をありがとうございました。
        悲しいけれど、ありがとうございます。
        皆さんの思いが伝わってきました。
        見せてくれて、本当にありがとう。
        • by 
        • 2010/02/09 1:15 AM
        飛行機が見えなくなるまで選手もファンも見送ってたんですね…
        その時の情景が浮かんできて涙が出てきました。

        貴重なお写真ありがとうございました。
        • by 
        • 2010/02/09 2:11 AM
        神戸のオリックスファンです。

        ここ数日、辛い毎日でした。
        でもさわさんのブログを読んで、
        選手の方々・ファンの皆さんの気持ちがとても伝わってきました。


        私も数年前に、子供を亡くしています。
        お墓参りをするまでは、曇って雨も降っていました。
        でも私達家族がお参りすると、それまでの雨が嘘のように、
        お空が晴れ渡りました。
        私は子供が、心からありがとうと言っているように思えました。

        まさにさわさんのお写真のようなお空でした。

        きっと小瀬選手も皆さんに
        『ありがとう』って伝えてくれたんでしょうね。

        貴重なお写真を掲載して頂き、ありがとうございます。


        私は、神戸にて記帳に行きたいと思います。
        • by ありがとうございます。
        • 2010/02/09 8:18 AM
        貴重な写真をありがとうございます。
        おっしゃるとおり、小瀬選手が「頑張れ」といっているような空。
        また、それがもの悲しいですが‥

        本当にありがとうございました。
        • by いちオリックスファン
        • 2010/02/09 10:37 AM
        泣いた。涙が止まりません。
        • by MADMAX
        • 2010/02/09 11:07 AM
        宮古島へも、神戸や大阪の記帳にも出かけられませんが、
        この写真や文章を読んで、一緒に見送れたような気持ちになることが
        できました。本当にありがとうございました。
        • by 横浜のオリファン
        • 2010/02/09 3:30 PM
        何だか少し救われた感じがしました。
        貴重な写真、レポありがとうございます。
        • by ななし
        • 2010/02/09 5:06 PM
        貴重な写真を。。。
        悲しかったです、若い命。
        写真を見ながら見送りさせてもらいました。
        • by 
        • 2010/02/09 10:25 PM
        はじめまして。
        小瀬選手の件、オリックスファンの私としては大変ショックでした。
        今回は坂口・一輝両選手の貴重な写真をありがとうございます。
        二人の背中が多くを語っている大変すばらしい写真ですね。少し心が洗われたような気がします。
        ほんとにありがとうございます。
        • by toshi
        • 2010/02/10 2:07 AM
        ありがとうございます。
        • by 
        • 2010/02/10 9:29 AM
        ありがとうございました。
        一生覚えておきたい写真でした。

        記載してくださってありがとうございます。
        • by 
        • 2010/02/10 2:04 PM
        初めまして。
        まちへいさんのところから飛んで参りました。

        イーグルスファンの私でさえこのショックです。
        彼のファンやオリックスファンの方達の悲しみを思うと胸が痛みます。
        さわさんの撮られたお写真を見て、私も一緒に見送る事ができたような気がします。
        ありがとうございました。
        >コメント頂いた皆さんへ

        はじめまして、管理人の、さわです。
        たくさんの方にご覧頂いて、
        この記事を書いて、良かったな、と思っています。

        一輝選手が「一緒に見送ってください」と仰ったときに、
        同じ場所にいる自分たちだけでなく、本当にバファローズと小瀬選手のことを愛しているファンの方たちにも、
        一緒に見送ってもらいたいはずだと、
        そう捉えました。

        悲しみは大きいけれど、残された自分たちは毅然として、
        やるべきことを、やっていく。

        選手たちのメッセージ、小瀬選手を思う気持ちを、強い決意を、何とかして、伝えたかった。

        一輝選手の一言をきっかけに、写真を撮って、
        こうして、その様子を書くことができました。

        たくさん、コメントを頂いて、感激しています。
        皆さん、本当に、ありがとうございました。



        • by さわ@管理人
        • 2010/02/11 5:11 PM
        今更のコメントでごめんなさい。

        写真upありがとうございます。
        少し元気になれました
        • by 
        • 2010/02/14 12:05 AM
        はじめまして。
        私は2/4に宮古島キャンプを見学いたしました。
        一報を聞いた日は那覇から帰るところで、非常にショックで、今でも信じられない気持ちでいっぱいです。それと同時に、その後の選手達の様子が気になっていました。

        坂口選手、一輝選手がこうして見送りをされてたんですね…
        様子を知ることができ感謝しております。
        • by じゅん
        • 2010/02/15 1:20 PM
        初めて書き込みさせて貰います。知人からこちらの記事の事を教えて貰い、早速拝読致しました。

        自分はジャイアンツ・ファンですが、小瀬選手のニュースは大ショックでした。若くして旅立たれた彼の事を思うと未だに残念でならないのですが、坂口&一輝両選手が彼を見送る姿には唯々涙。心優しい同僚に見送られ、小瀬選手も嬉しかった筈です。素晴らしい記事と写真、本当に有り難う御座いました。

        こちらの記事を、自ブログで紹介させて貰いました。事後承諾になってしまって、申し訳在りません。
        http://blog.goo.ne.jp/giants-55/e/f20cccc0e7358465cf1612be3423d8a9
        はじめまして。

        貴重な写真とエントリーありがとうございます。

        自分は、阪神ファンでありますが、小瀬選手の件は野球ファン全般的にショックなことだったと思います。

        事後了承になりますが、このエントリーを
        Twitter
        http://twitter.com/ssasachan/status/9155511842
        ブログ
        http://ssasachan2.seesaa.net/article/140478552.html
        で紹介させていただきました。
        管理者の承認待ちコメントです。
        • by -
        • 2010/02/20 1:17 PM
        コメントする