不動産 120211 ファイターズ名護キャンプ・大嶋匠選手 | Let it be

スポンサーサイト

2019.08.03 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    120211 ファイターズ名護キャンプ・大嶋匠選手

    2012.02.16 Thursday

    0


      〔2012年2月11日 名護にて撮影〕

      2009年以来、3年ぶりに名護の球場に足を運びました。
      (昨年も名護には行きましたが、雨天で屋外の練習を見られず)

      ドラフト7位で入団したルーキーの大嶋匠捕手を、一度、生で見てみたい、
      という大きな動機がありました。

      報道ステーションの特集で、大嶋選手が取り上げられた際、
      高校時代の打席に立っている時の写真が、出てきました。
      ”その一枚”に写っていた、顔つき、表情が、本当に鳥肌が立つくらい、
      迫力があって、”うわあ、凄いな”と思ってしまったんです。

      ソフトボール出身の選手を指名するとは、
      ファイターズスカウトも、大胆なことをするな……と思っていた一人でしたが。

      特集の映像を見ながら、この選手は、
      将来、本当に楽しみかも! と、俄然興味を持ちました。

      紅白戦の初打席でバックスクリーンへのホームラン、
      その翌日は、左右へマルチ安打。

      そして、初の対外試合となった、11日の練習試合、カープ戦の打席。
      代打で途中出場した、一打席目は見逃しの三振。

      第二打席でも、結果はセカンドゴロと、凡退に終わりましたが、
      次のファウルを打つ場面を見て、やはり、ただものではないな、と感心しました。



      この低いボールを、逆方向にファウルにしていました。
      見極めてついていっているところが、すごい。



      ソフトボールの場合は、マウンドと打席の間隔が、野球よりも近くて、
      投球の体感速度が160キロ以上とか、非常に速いと言われています。
      その中で通算80本塁打をした実績。

      ボールが見えないと、打てない。



      「ボールの見送り方がいい」という、首脳陣の評価もありますよね。

      このまま、すぐに一軍で活躍、というわけにはいかないでしょうが、
      試合に出て経験を積むことで、凄い打者になっていくのではないでしょうか。



      この才能を最大限生かして、プロ野球の世界で、大きく開花してほしいですね。

      ◆◆◆

      興味深い記事を、保存。
      異種目からプロ野球の世界へ〜その可能性について。


      日刊スポーツより引用。


      http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120119-891777.html

      ハム今年のドラフトも“異種”狙う

          ソフトボールの次は、陸上? サッカー? 日本ハムが今年のドラフト戦線でも異種競技をチェックすることが18日、分かった。大渕アマスカウトディレクターは「球場の近くには、たいてい陸上競技場があったりする。時々、のぞきに行くことはあるし、常にアンテナは張っておかないと」と明かした。昨年のドラフト会議で、早大ソフトボール部出身の大嶋を7位で指名したが、継続して“超隠し玉”に目を光らせる。

       昨年のドラフトでは硬式野球未経験という変わり種の指名に他球団も驚いたに違いないが、野球以外の競技まで視野を広げなければならない事情もある。大渕スカウトは「昔は子供がやるスポーツと言えば野球だった。でも、最近はサッカーなどに運動能力の高い子供たちが取られている。特に野手には、なかなかいい素材がいない」と、アマ球界をとりまく現状を嘆く。少子化や若年層の野球離れが、状況をより深刻なものにしている。

       過去には、東京、メキシコ五輪の陸上日本代表で、100メートル元日本記録保持者の飯島秀雄(68年ドラフト9位でロッテが指名)や、やり投げで国体入賞経験のある日月(たちもり)鉄二(旧名・哲史、91年ドラフト8位で西武が指名)らがいる。投手と外野手を経験した日月は1軍出場がないままプロの世界を去ったが、飯島は走塁のスペシャリストとして3年で100試合以上に出場した。異種競技からプロ入りするケースは決して多くないが、隠れた逸材を見落とさないためにも、努力は惜しまないつもりだ。

       [2012年1月19日10時14分 紙面から]


      スポンサーサイト

      2019.08.03 Saturday

      0
        コメント
        コメントする