不動産 131104 スワローズ秋季キャンプレポート3 IN 松山 | Let it be

スポンサーサイト

2016.02.19 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    131104 スワローズ秋季キャンプレポート3 IN 松山

    2013.11.17 Sunday

    0

      〔2013年11月4日 牽制・走塁練習〕
      11/3は雨で室内練習のため、ほとんど写真を撮れず。
      私が訪れた最終日は、好天に恵まれて、フルメニューが実施されました。
      走塁練習編、続きをクリックでどうぞ。
      ウォーミングアップの後、50メートルのタイム計測がありました。

      自分のタイムと、他の選手のタイムが気になる。

      キャッチボール。グラブの、ミズノ社のロゴマークと「5」の刺繍。(川端選手の?)

      キャンプ期間中、このグラブをずっと使ってますね。



      投内連携。アウトカウント・ランナーの状況を設定して、主に投手への打球が来たときの、
      実戦的な守備練習。例えば、ノーアウトランナー1・2塁を想定して、
      相手が投手前にバントしてきて、投手は3塁へ送球〜というような練習です。

      ランナー満塁で、投手ゴロ・バックホームという想定もあり。

      内野手も試合と同じように守備につきます。

      続いて、牽制・帰塁の練習。本来の一塁ベースの後方に、仮の一塁ベースがあり、
      ランナー役は2名が同時に練習しています。

      牽制がきたとき、ちゃんと戻る練習。

      盗塁を想定しての、捕手の送球・内野手との連携も。

      ランナーと交錯しそうになって、間一髪でよけあっているところ。

      帰塁練習、大切ですよね。

      盗塁が行けると思った場合は、スタートを切ります。

      写真の羅列で申し訳ないですが、レポート4では11/4の続き、
      シートノック、その他午後の練習について書きます。
       

      スポンサーサイト

      2016.02.19 Friday

      0
        コメント
        コメントする