不動産 131117 月とストップウォッチ IN ベイスターズ球場 | Let it be

スポンサーサイト

2016.02.19 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    131117 月とストップウォッチ IN ベイスターズ球場

    2013.11.19 Tuesday

    0

      〔2013年11月17日 左・17:18 ベイスターズ球場上空の月 
      右・11:38 ファーム打撃コーチの仕事道具=ストップウォッチ?〕
      ベイスターズ横須賀秋季キャンプを、11月17日に見学してきました。
      新任コーチとなった、嶋村一輝コーチのレポートです。どんな仕事ぶりだったのか?
      続きをクリックでどうぞ。
       

      一軍首脳陣と若手選手の奄美キャンプと同じ日程で、
      横須賀市長浦のベイスターズ球場でも、奄美に行かなかったメンバーが、
      秋季キャンプを行っていました。
      ウォームアップの後、野手はベース一周のタイム計測。
      ストップウォッチ片手にタイムを計っていたのは、一輝さんでした。

      ホーム到達までの時間を測ります。

      タイムを書き留めているのは、内野守備・走塁担当の万永コーチ。

      続いて、内外野のノック、外野守備担当の二宮コーチと一緒に、ノッカーを務めていました。

      当たり前ですが、ちゃんとセンター〜ライトにいる選手たちへの打球を打てていました。

      ノックを受けていたのは、このメンバー。ミスショットをすると、野次られます。

      (ミスショットしてしまったのかな?)

      やっぱり、バットが似合うな〜と思いました。

      楽しそうな雰囲気。

      この日の練習メニュー。

      やっと一輝さんの担当、打撃練習です。
      真っ先に、首からぶら下げている、丸い物体が気になりました。

      選手が打撃ケージに入ったときに、スイッチオン。5分で左右入れ替え、
      1組10分×4の練習時間を管理します。5分が経過する少し前にアラームが鳴ると、「ラスト!」と声を掛けます。
      この役目は、結構、気を遣いそうです。

      自身はティー打撃のトスをしながら、アラームを気にしなければ、なりません。
      慣れの問題でしょうけど、アラームセットを誤ったり、忘れてしまったら、大変ですよね。

      井手選手のティー打撃の相手をしています。

      アラームつきの、ストップウォッチと言っていいのか? 
      タニタ社の商品のようなので、また、調べたいと思います。
      水色のネックストラップは「SHONAN SEAREX」のロゴが。グッズの有効活用ですね。
      (念のため、ベイスターズファームの、旧名称です)

      滞りなく、4組8選手のフリー打撃が終了。
      この日は、ベイスターズを戦力外となった細山田選手が、2回目のトライアウトに向けて、
      練習に来ていました。

      ストップウォッチを、パーカーのポケットにしまいます。

      細山田選手の打撃投手を行うため、キャッチボールを始めました。

      投球開始。(この写真、自分ですごく気に入ってます)

      一輝さんは、何気ないしぐさが、いちいち絵になってしまう。

      投球を終えて、談笑。

      みっちり投げましたね。お約束の、肩が痛い演技(笑)

      おどけて見せた後、豪快に笑っています。

      ランチタイムをはさんで、午後も打撃練習があります。
      設営のお手伝いに出てきたところ。パーカーを脱ぐと、
      ユニフォームの背番号が、まだ9であることが、わかりました。
      (84が見られるのは、来春のキャンプからですね)

      午後の打撃練習では、主に、西森選手のロングティーの相手をされてました。
      高速連続ティーを、ロングでやっているのは、初めて見ましたよ。
      これからの指導、自身の良いと思った練習を取り入れて行くのでしょう。

      14:30、打撃練習終了。ケージを片付けます。

      自身も練習しそうな雰囲気なのですが。

      大村二軍監督と、万永コーチにはさまれているところを見ると、やはり、まだ選手に見えてしまいますね。

      でも、現実には練習はされてなくて。筒香・飛雄馬・渡邉、3選手のノックの間もずっと、
      セカンド後方でトンボ掛けをしていて、現役を引退されたことを、実感せざるをえませんでした。

      全体練習が終わった後、現場を離れる、チームスタッフの三橋さんの胴上げが行われました。

      ベイスターズで13年間、トレーナーを務めた平野さんも、現場を離れるとのこと。
      スタッフ・選手・コーチ陣、皆さんの仲の良い雰囲気が伝わってきますね。
      (ちゃんと、一輝さんの表情がわかるように撮ってしまっているのは、数年来の習慣ですね)

      雰囲気の良い現場で、新しい役割・仕事をスタートされています。
      この日、グラウンド上で、休むことなく、動かれていました。
      トンボ掛け、タイム計測、ノッカー、フリー打撃の時間管理、
      ティー打撃のトス、打撃投手、設営や片付けのお手伝い、
      「教えてほしい」と請われたら、身振り手振りをつけて熱心に指導します。

      全体練習の後は、個別練習。
      坂道ダッシュのタイム計測、さらに打撃の夜間練習の指導。
      キャンプの一日は、指導者も本当に忙しいのだな、と思いました。


      この写真を撮ったのは17:18でしたが、まだ、室内練習場から打球音が聞こえてきて、練習は続いていました。
      オレンジがかった、あたたかな色味の月です。この月の形と、ストップウォッチの丸い形状が重なって、
      レポートを書くなら「月とストップウォッチ」にしようと考えました。

      (コーチの仕事について)「今は右も左もわからない」と、自身、おっしゃっていて、
      まだ手探り状態のようでした。この一日だけを見ていても、大変そうでした。
      2月の春季キャンプでは、指導する選手の数も増えますし、
      もっとハードになりそうですが、早く、ペースをつかんでほしいと思います。

      毎年、いただいてきた写真へのサインのお話は、また別記事にて。

      〔追記〕
      この記事の、ストップウォッチは、
      タニタ社の、商品名「デジタルタイマー100分計」のようです。
       

      スポンサーサイト

      2016.02.19 Friday

      0
        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • by -
        • 2013/11/20 8:04 AM
        さわさん、更新ありがとうございます!!
        やっぱりさわさんは本当にすごい…。早速行かれたんですね!!私は…多分ファン感に行けるかどうか…です。でもやっぱりコーチ姿の一輝さんをみたいので
        さわさんのレポ嬉しいです!
        背番号が9なので私もまだ選手に思えたりしました。
        本当に忙しそうですね…。コーチの仕事って今まで野球見に行ってもそんなに見ていなかったので大変さがわかっていなかったです。今度はチェックしたいと思います。さわさんの写真で忙しい中でも一輝さんの表情が明るいのを知れてよかったです。ありがとうございます!素敵な写真ばかりです!
        私も一輝さんがぶら下げていたものが気になっていたので勉強になりました!!
        タイトルもいい感じですね。さわさんありがとうございます。また楽しみにしています!!
        • by かっちゃん!
        • 2013/11/20 8:05 PM
        >かっちゃん!さん
        今回、横須賀に行くにあたっては、実はぐだぐだと悩みました。
        現役引退が発表されて、すぐには、切り替えられなかったし、気持ちを整理するのに、時間が必要でした。
        でも、見に行って良かったです。コーチになったら、グラウンド上で、あまり動きはなくなるのかな、と思っていましたが、少数精鋭なだけあって(?)、いろいろなことをされていて、写真を撮るのも新鮮でした。
        一輝さん、新しい役割に手さぐり状態ながらも、頑張っていらっしゃいましたよ。写真で伝わったのなら、嬉しいです。被写体として長年追いかけてきたからなのか、自分でも「間」「タイミング」がわかりながら、撮影できたな、と思っています。
        月が出るくらい遅くまでの練習、コーチになってからも、ですね。ストップウォッチの方が、タイマーよりも語呂が良いかな、と思ってタイトルにしました。
        実際に、現場では、あの道具を何と呼んでいるのか、聞きそびれました。また、来年も見に行きたいので、そのときにリサーチしてみますね。
        • by さわ
        • 2013/11/21 1:26 AM
        さわさん、お疲れ様でした。そして数々の遠征で、一輝さんについて紹介して下さりとても感謝しております。
        私はH22年から応援しています。まだオリックスに在籍されている頃です。
        私はホットモット神戸の近くに住んでいます。家庭や仕事の都合でなかなか遠方には行けず、さわさんのブログがとても嬉しかったです。9月29日の最終戦には駆けつけるつもりでいましたが、義父が危篤になり行く事ができず、球場からTwitterを通して実況をしてくださる方がいて、病室で片方の耳にイヤホンをさして聞いていました。翌日義父が亡くなり慌ただしい中も、一輝さんの動向を気にしながら日々を送りました。やはり応援している者にとって1年でも長く現役を続けて欲しい思いはありました。どう表現していいのか何とも複雑な思いでしたが、一輝さんの野球に対する熱く勤勉な姿勢が認められたのでしょう、コーチという重要な職に就かれましたが、これからは違う視点で1からの勉強になるので御本人は大変だと思います。人間には生きていく上で『人生の節目』を嫌おうなしでも受けとめないといけない時があるんだと思います。でも私達は今までもこれからも、一輝さんを応援することはかわりないですし、一輝さんのこれからの人生も応援したいと思います。
        一輝さんに幸せになってほしいです。
        さわさん、ありがとうございます。
        そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
        • by まる
        • 2013/11/24 7:16 PM
        >まるさん
        コメントいただき、ありがとうございます。ご家族のご逝去があったなかで、大変でしたね。今は落ち着かれましたか。
        物語を追いかけたいなんて、大げさに言っているのですが。今では、ちゃんと見てきたことを、写真や文章に、残してきて良かったな、と思っています。
        もちろん、自分が残しておきたいから、という理由もありますが、この情報を、必要としている人に見てほしい、と思いながらブログを書いてきました。だから、お役に立てて嬉しいです。
        2010年、一軍でもファームでも、神戸や京セラへ、すぐ観に行けた頃が、懐かしいですね。私も、春先に週1くらいの頻度で行ったこともありました。
        移籍後、今シーズンは特に、関東以東でしか、試合や練習を見られませんでしたし、私も観に行くにあたっては、逡巡することも、多かったです。
        はたして、遠征費をかけて、打席やプレーが見られるのか。そこから、悩みましたが、行かないことには始まらない、とにかく応援する気持ちを届けたい。結果がどうであっても、後悔しないと決めて、遠征していました。やはり、一輝さんが野球をしている姿が好きで、見たくて仕方なかったんですね。
        見に行ったとき、一輝さんはずっと、自身にでき得る限りの準備をして、いつも凛として、グラウンドに存在していました。
        戦力外とコーチ打診を知ったときの「言葉にならない」複雑な気持ちは、ファンの誰もが感じたことでしょう。現役引退の決断、おっしゃるとおり、指導者のポストに就くことになったのは、今まで頑張ってきたことへの一つの答えですし、とても凄いことだと思います。
        「一輝さんのこれからの人生も応援したい」その言葉と同じことを、私も直接、伝えました。コーチとして、どんな指導をされるのか、何を感じられるのか、それを知る楽しみが、来シーズンはありますね。
        こちらこそ、今後も当ブログを、よろしくお願いいたします。また、ご覧になってくださいね。
        • by さわ
        • 2013/11/26 6:50 PM
        さわさん、早速お返事ありがとうございます。2010年はほっともっとや京セラに応援に行けましたね。ほっともっとは四季を感じれる良い球場です。サブ球場も北神戸も好きな球場です。
        一輝さんは幸せではないでしょうか?引退はされてしまいましたが引退された全ての選手の方が野球に携われているとは限らないですから…。
        一輝さんには沢山応援して下さる皆さんもいてくださるのですから…。
        私もまだ正直なところ、一輝さんの引退は飲み込めないところもあります。でも、さわさんのブログに自分の思いを書かせて頂き、自分ではない方の眼に触れさせて頂いて、さわさんからお返事を頂いた事で、何かひとつの区切りをつけれた様に思うのです。
        また、遠征時の色々なエピソードをお聞かせ頂けましたら有り難いです。
        ありがとうございました(^-^)m(__)m
        • by まる
        • 2013/11/30 11:32 PM
        初めまして。今更ながら、コメントさせていただきます。ドラゴンズのファンで、ドラゴンズのコーチに就任されるまでは一輝選手のことは知りませんでした。最近ふと気になって、調べてみたら、さわさんのブログを見つけた次第です。すべて読みました。不思議ですね。選手時代、ドラゴンズと戦ったこともあったでしょうが一切記憶に残っていなかったのに、さわさんのブログを読んでいるうちにどんどん引き込まれていきました。
        選手時代に見ていたらファンになっていたでしょう。コーチとしての嶋村一輝さんは、もう追いかけることはないんでしょうね。少しでも長く、野球の世界にい続けてほしいなと思いました。ドラゴンズ、来季のキャンプで一輝コーチの姿を見てこようと思います。(いれば、の話ですが)
        • by ゆき
        • 2016/08/03 9:57 PM
        >ゆきさん
        コメントを見るのが遅くなり、お返事遅れて、失礼いたしました。一輝さんの記事をすべて読んでいただいたということで、本当にありがとうございます。
        今、少し、野球の現場に行くことからも離れてしまっているんですが、私が現役の一輝さんを追いかけていた6年間のことを、今でも、ときどき思い出して胸がアツくなったりします。

        >選手時代に見ていたらファンになっていたでしょう。

        そんな風に思ってくださるくらい、ご本人のことが伝わって、嬉しいです。ちょっとした、奇跡ですね。ベイスターズのコーチになられたときも、熱心に、皆に慕われながら、指導されている姿を、現地で見ました。

        >少しでも長く、野球の世界にい続けてほしいなと思いました。

        そうですね。今、ドラゴンズの状況がたいへんで、来季のことが読めませんが、もし、機会があれば、私も観に行きたいです。


        • by さわ@管理人
        • 2016/08/27 12:14 PM
        コメントする