不動産 131104 スワローズ秋季キャンプレポート4 IN 松山 | Let it be

131104 スワローズ秋季キャンプレポート4 IN 松山

2013.12.01 Sunday

0

    〔2013年11月4日 5キロのおもり入りベストを着用し、ティー打撃を行う〕
    松山キャンプレポートのラストです。
    続きをクリックでどうぞ。
     

    この日の午前中最後のメニュー、シートノック。
    捕手ゴロのスローイングの際に、中村捕手が何か叫んでいたのだけれど、
    周囲から、「何を言っているのかわからない!」
    突っ込まれて、ムキになって「6・6・2、6・6・2、6・6・2!」って言った後。
    (守備位置のことで、ショートが捕手からのスローイング受けて、
    そのまま2塁ベースを踏み、その後、またバックホームする動きをしてました)


    ノックの動きを撮るのは、楽しいですね。(この写真は、球場のネットとかぶってしまったのが残念)


    ノック中、周囲に対して、よく声が出ていました。


    後方から、叫びながらダッシュして打球に向かって行くところ。


    スローイングの姿勢、きれいですね。


    4−6−3、あるいは、6−4−3、二遊間の併殺プレーも、谷内選手や山田選手ら若手と呼吸を合わせて。

    いい表情です。


    午後のローテーション、打撃練習から。
     

    体幹を意識するための、おもり入りベストを着こみます。


    ティー打撃の後、ベストを脱いで、ホッとひと息。

    打撃練習の後は、ランナー練習と守備練習です。二塁ベース付近に人が密集していますね。
    どうやら、打球が飛んできた様子。

    ランナー練習の選手が逃げる中、打球は、すっぽりと慶三選手のグラブの中へ。この間が面白い。

    逆シングルで打球を捕った後に、ジャンピングスロー。ものすごく飛んでます。


    着地。何なんですかね、この形の格好良さ。
    グラウンドにいるとき、本当に慶三選手の動きから、目が離せません。


    室内練習で、荒木選手とペアを組んで、1時間のティー打撃。


    このとき、まだキャンプ4日目でしたが、最後まで、ケガなく乗り切れましたね。
    充実した練習ができたのではないかな、と思います。
     
    キャンプレポートは以上です。




     

    スポンサーサイト

    2018.01.19 Friday

    0
      コメント
      コメントする