不動産 131211 牛伏川フランス式階段工 | Let it be

スポンサーサイト

2016.02.19 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    131211 牛伏川フランス式階段工

    2013.12.18 Wednesday

    0

      〔2013年12月11日 長野県松本市 牛伏寺(ごふくじ) 山門の右側の道を行くと、牛伏川の階段水路が見られます〕

      撮影機材
      ・EOS60D
      ・EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

      12月のとある平日、青春18きっぷを使って旅しようと思い立ち、
      長野県まで出掛けました。

      何気なく、松本市の観光名所を調べていたら、「牛伏川フランス式階段工」
      という、すぐには想像のつきにくい場所を見つけました。
      明治〜大正にかけて30年もの時間を費やした、土木工事の成果らしい。
      JR中央本線の電車に乗り、村井駅で降りて、タクシーで20分ほど。
      標高1000メートルのところに、その場所はありました。
      牛伏寺(ごふくじ)というお寺は、厄除けで有名とのことで、まずはお参り。
      それから、山門を出て、その横の道を川に沿って歩きます。


      槍ヶ岳など、北アルプスの山々が見えました。



      砂防ダムと、北アルプス。



      やっと、見えてきました。「階段工」の看板が。



      丸い石が敷き詰められていますね。



      この階段水路は、19段あります。
      こうして見上げると、壮観ですね。
      牛伏川の上流は、地質が弱い上に、傾斜も急で、下流域では大きな水害が多かった。
      そこで、明治〜大正にかけて治水のための土木工事が施されたとのこと。
       
      傾斜が特に急な部分を、克服するため、
      フランスのデュランス川・サニエール渓谷の階段工法を模して、
      設計されたのが、この階段工です。

      現在は、国の重要文化財に指定されて、観光に訪れる人も増えているそう。
      新緑や紅葉の季節など。また違った景色になるでしょうね。

       

      スポンサーサイト

      2016.02.19 Friday

      0
        コメント
        素敵な写真ありがとうございます。
        私の父が松本に単身赴任していた時に松本には何度か遊びに行き、その時に松本と安曇野が好きになりました。2年前に行ったのが最後ですがまた行きたいです。
        でもさわさんのブログで今回フランス式階段工を初めて知りました。北アルプスもきれいですね!!
        次に行くときには見に行ってみたいです。
        • by かっちゃん!
        • 2013/12/31 5:09 PM
        >かっちゃん! さん
        コメントありがとうございます。松本は空気がおいしかったです。自然がたくさんあって、いいところですよね。
        本当は、安曇野や松本の市街地もゆっくり観光したいところでしたが、時間がとれなくて行けてません。
        フランス式階段工は、なかなかの秘境? でした。ダムや土木工事の成果……のような場所が好きなので、写真を撮る際、テンションが上がりましたよ。
        夏や紅葉の季節のときも。きれいだと思いますので、機会があれば、ぜひ。
        • by さわ
        • 2014/01/01 10:23 PM
        来月社員旅行で行こうと計画しております。 お寺とフランス式階段工両方の所要時間はどれくらいでしょうか? またマイクロバスなのですが駐車場はお寺の駐車場に留め置きとなるのでしょうか? ご記憶の範囲内で結構ですので教えていただけると幸いです。   よろしくお願い致します。
        • by しょう
        • 2014/09/08 9:34 PM
        >しょうさん
        所要時間は、目的にもよるかと思いますが、私はじっくりと写真を撮りながら、1時間半ほどでした。
        確か、階段工のすぐ手前にも、小さな駐車場はありましたね。お寺や松本市の観光の担当部署?等に直接、問い合わせてみるのが確実だと思います。
        • by さわ
        • 2014/09/12 3:35 AM
        コメントする