不動産 Let it be

スポンサーサイト

2016.02.19 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    130421 T5-0S 甲子園

    2013.05.26 Sunday

    0
       
      〔2013年4月21日〕

      この日、慶三選手の出場はありませんでした。
      練習中の写真を中心に載せています。

      続きをクリックでどうぞ。


      続きを読む >>

      130420 T1-0S 甲子園

      2013.05.18 Saturday

      0
         
        〔2013年4月20日 8回表、福原投手からセンターへヒットを放つ〕

        4月20日の観戦記です。
        続きをクリックでどうぞ。


        130504 Resonance IN 南アルプスジットスタジアム

        2013.05.05 Sunday

        0

          〔2013年5月4日 イースタンリーグ DB9-11G 南アルプスジットスタジアム
          6回裏攻撃前のインターバル〕

          GWの連休を利用して、5/3の横須賀と、5/4の南アルプスに、
          ベイスターズファームの試合を観に行って来ました。

          4月は、試合に出場してもなかなか結果が出ていなくて、心配していました。
          (数字上、4月のイースタンリーグ打撃成績は16−2だった)

          実際に、グラウンドでの姿、プレーの内容を、自分の目で見ていないので、
          とにかく、現地に行かなくては、と思ったんです。


          〔5月3日 横須賀スタジアム〕

          久しぶりに生で見た一輝さんは、元気そうでした。
          この日は、シートノックで、レフトとファーストに入っていたけれど、
          出場はありませんでした。


          〔5月3日 ひちょり選手タイムリー内野安打〜戻ってきたところをお出迎え〕

          ネット裏から、ベンチの様子を見ていたのですが、スタメンでないときも、
          試合後半には、ベンチ裏にバットを振りに行って、
          途中出場の準備をしていたのがわかりました。


          〔5月4日 南アルプスの球場、3塁側内野後方にはっきりと富士山が〕

          さて、南アルプスです。山梨県南アルプス市〜という地名を、今回、初めて知りました。
          横須賀から東京を経由して、特急で甲府まで。
          甲府駅からバスで約40分、さらに徒歩15分で球場に着きました。
          周囲の風景、雄大な自然が広がります。
          何と、一塁側スタンドからは、富士山も見えたんです!



          球場に着いて、一輝さんがいるのを確認して、まずホッとしました。
          (前日、横須賀で見たメンバーで中堅クラス以上の選手は居残りで、
          球場には来ていなかったんです)



          円陣、飛雄馬選手の掛け声に、みんな大きな声で呼応します。
          この日の野手メンバーのなかでは、一輝さんが最年長でした。

          4番・DHでスタメンと発表された頃、
          選手・チームへの応援メッセージ募集の企画があるのを知って、
          私は、球場の外に出て、応募用紙に記入させてもらいました。
          (あとで、場内でアナウンスされることに)



          DHでの出場のため、一回表、味方の守備の時間に、ファウルゾーンに出てきて、
          走ったりストレッチしたり、珍しい光景。
          この後も、打席が回るであろうイニングの前に、
          ベンチ前で素振りを繰り返していました。

          130419 T7-3S(延長12回) 甲子園

          2013.04.28 Sunday

          0
             
            〔2013年4月19日 延長12回の熱戦の末、サヨナラ負けした試合
            チャンスで1本、ほしかった〕

            4/19~4/21の甲子園3連戦を、球場で観戦しました。
            スワローズが3連敗してしまったのですが、
            自分の記録用として、写真レポをUPします。

            まずは、4/19の分、続きをクリックでどうぞ。

            130410 Welcome back! IN ナゴヤドーム

            2013.04.13 Saturday

            0


              〔2013年4月10日 ナゴヤドームにて撮影  何度目かの、”おかえりなさい” スワローズのショートストップに、慶三選手が戻ってきてくれて、嬉しいです〕

              キャンプ期間中に実戦復帰〜3/15に一軍合流〜開幕一軍入り、
              開幕2戦目からは、ほぼスタメンで出場〜

              という一連の流れのなかで、
              いつ、プレーする姿を見に行くか、タイミングをはかっていましたが、
              やっと、見ることができました!



              午前中まで仕事をして、会社を出てから約2時間後、練習中から、ガッツリ見ました。



              練習用のバットのヘッドにくり抜きが見られますね。
              (バットの重心が真ん中寄りにある、ということに)



              慶三選手の慶三選手たるところ……。動きがユニーク。
              この場面は、言葉で説明するのが難しいんですが、
              足元にあったボールを両足で器用にはさんで、ジャンプして、
              前方のカゴに向けて、蹴り入れている瞬間です。

              次にどう動くのか、全然、予測がつかないんですよね。



              ゴルフのパターのようにしてみたり。



              ひとたび、バットを振り始めると、ちゃんと真剣な表情になります。



              ドームの中が暗いので、写真撮るのは、なかなか難しかったですね。



              慶三選手の表情を見ていると、本当に「野球ができる」喜びにあふれているというか、
              生き生きと輝いています。



              バットを握る箇所に、テープを巻いていますね。
              根元が白木の方が、試合用のバットです。



              守備練習中。



              (よける中村くんがかわいい)



              動きの速さに、カメラが追いつかない。動いている姿は、やっぱりいいですね。



              キャッチボール中。



              リストバンド部分を拡大。守備の捕球体制のシルエットが刺繍されています。



              さて、試合では1番・ショートでスタメン。初回の打席はいい当たりだったけれど、ショートライナー。
              6回表の攻撃。

              ノーアウトで8番・中村選手がヒットで出塁。
              9番・小川投手がバントを試みるも、守備妨害でアウトに。
              一死一塁。1番に戻って、慶三選手の打球は、セカンドのグラブをはじく内野安打に!
              チャンスを広げます。

              続く2番・上田選手もヒットで続き、満塁。
              二死後、4番・畠山選手の走者一掃ツーベースが出ます。



              2塁からホームインした後、1塁ランナーの上田選手を出迎えているところ。
              両手をあげて、こんなに嬉しそう。

              一挙に3得点、慶三選手もそれに貢献できて、私のテンションは、
              めちゃくちゃあがりました。



              9回裏、最後のバッターは、ショートフライ。ウイニングボールを慶三選手がキャッチします。



              4−2で勝利。ハイタッチの輪に加わりに、マウンドへ集まります。






              勝った試合の後の笑顔を見られて、嬉しかったです。

              引き続き、チームの力になれますように。応援しています!

              130313 チームのニーズ IN 横浜スタジアム

              2013.03.31 Sunday

              0

                〔2013年3月13日 横浜スタジアムにて撮影 開幕一軍ならず〜
                チームのニーズにハマることで、必ず道はあるはず!〕

                2013年シーズンが開幕しました。
                3/5より一軍に合流していた、嶋村一輝選手ですが、
                オープン戦期間の最後に、降格。

                残念ながら、開幕一軍メンバーに入ることはできませんでした。



                一軍のオープン戦では、1イニングだけ捕手を務めました。
                もしも残れるとしたら、

                ・チームが捕手二人制で行くこと
                ・打撃がそこそこ見込めること

                この二つの条件が揃ってはじめて、複数ポジションを守れる野手として、
                一軍メンバーに名を連ねることができるのかな、と思っていました。

                結局、3.5時間ルール撤廃(同点の場合は延長12回まで)などを
                考慮して、チームは捕手三人制で開幕を迎えることになりました。

                また、自身のオープン戦での打撃も
                7打数1安打打点2(タイムリーと犠飛)とアピールしきれなかった点もあり、
                降格は致し方なかったと考えられます。



                3月13日のハマスタのオープン戦は、
                戸田でのファームのS-DB戦(←スワローズの川島選手を見たいがために)
                が中止になって、急遽、埼玉から横浜へ移動して観に行きました。
                一輝さんの出場はなかったのですが、やはり一軍にいてくれることで、
                精神的に安定するというか、出場が少なくても上にいてほしいんですよね。

                この翌日は途中出場でタイムリーヒットを打ちましたし、
                そういう活躍を、シーズンでも見せてほしいです。



                昨年までとは、チーム状況も変わって、
                over30の選手に対する「機会」「チャンス」の量や門戸の広さは、若い選手に比べると、格段に少なく狭くなっています。(昨年までとの比較)

                降格期間は、試合にはスタメンで出て3、4打席はあって当たり前〜というのが昨年まで。
                たくさん試合に出て、調整できれば良い、と考えることができました。

                今年は、そういうわけにも行かなくなりそうです。

                一つの出場機会に、気持ちを凝縮させて、貪欲に結果を追い求めるしかない。

                シーズンが進んで行く間に、一軍の状況も変わってきます。チームに何かあったときに、すぐに上で結果を出せそうな選手が、呼ばれるはずだから、タイミング良く昇格できて、チームの力になれるように、しっかり準備をしてほしいな、と思います。

                〔おまけ・ハマスタフォト〕



                フィールドシートが新設されました。



                埼玉県の戸田球場は、強風のため中止だったのですが、
                この日のハマスタも、結構、風は強かったですね。



                スターマン、かわいかったです。